Dear Tamalin
linenaid.exblog.jp
ブログトップ LogOut
締めくくりにしては
今年も慌ただしく年末がきて、クリスマスについても書かねばならないのだけれど。
そのクリスマスをピークに、大みそかとお正月はどうも今一つ盛り上がらない年末をまたも迎えつつ。

今日はついに数年間お世話になったベビーカーを綺麗に掃除して他人に手渡した。
畳めるとはいえやはり場所をとるベビーカー。
a0168181_820851.jpg

そろそろいいかなあと思い一度は綺麗に掃除しておきながら、思い切りの悪いいつもの癖で
今日までズルズルと玄関に居てもらっていたのですが。
決心したら、たった二日でお別れとなりあわてて二度目のお清め。
次のべべをよろしく頼む。
広々となった玄関が嬉しくもあり、寂しくもあり。

12月最後の今週は会社が閉まるので休み。
クリスマスからずっと子供たちと昼間は3人で過ごしてます。
1年前に比べれば随分と楽になってきたとは思うけれど、ずっと3人でベッタリというのも辛い。
腰が痛い。。何しろ、ずっと立ちっぱなし。座ればすかさず猫がやってくる。

「仕事と家はどうにかできても、子育てと家事を両立するのって無理じゃん?」と思う。
私にはどれも中途半端くらいで成り立たせるくらいしかできないらしい。かたづかなーい。
これを少しうまくクリアできそうな新しい方法が見つかりそうではあるけれど、
まだトライしてないので何とも言えないし。来年へ持ち越し。

気づけば明日は大晦日。来年は辰年と。
「あ、今年、私は年女だったんだ」とお正月以来久しぶりに気づいてちょっとショック。
年女って何かするべきだったんだっけ?

来年もよろしくお願いします。
[PR]
# by ayatata | 2011-12-31 08:30 | フランス 生活
サッカー観戦 2
手に入れてくれた座席は1階席の、熱狂的ファンの多く居るゴール裏の一角の一番後ろ。
屋根のある席なので、2階席からとんでくるものから身を守る必要はない。
今は禁止されたけれど、つい最近までは発煙筒を持ってきている人がいたので
それが飛んでくる危険もあったらしい。

試合開始には30分ほど時間があるのに、一時も座らずにフェンス越しに応援している人々。
「あの人たちは、座って見られないのよ」と少し軽蔑の混じったトーンで右隣が言う。
左隣に席がある男性二人も立ったままで背もたれに腰をかけているものの、座ることはない。
屋外だからなのか、みんな煙草を吸う。煙は私の前の女性に直撃しているので、私は何を逃れた。
ここの時空は、本当に2011年なのかな?と思う。でも嫌いじゃない。

正面の反対ゴール裏の席も同じチームを応援する人たちの席なのに、
すでに彼ら同士で応援合戦が始まった。
ディジョン・ファンはといえば、ごく小さい範囲の一角に陣取っているけど、
圧倒的に人数が少ないのでおとなしく見える。
ディジョンは去年2部リーグから1部リーグにあがったばかりのチームだからね、と教えて貰う。
ちなみに、半分目当てだった松井選手は登録なし。
a0168181_7114734.jpg

スターティングメンバーの発表となると、同僚が仕事の合間に(?)
せっせと作ってくれた背番号と選手名のカンニングペーパーが役立つ。
本当にファンの人と一緒に行くと、色々と教えてもらえて何かと勉強になる。
続く相手チームのメンバー発表は最初からすごかった。
アナウンスがディジョーンと叫べば、ファンはいっせいにスラングを叫ぶ。
こんな敵対心丸出しの応援は初めて見た。

試合が始まると、サッカー場というのは広いんだなと当たり前なことを感じた。広い。
試合は、前半の30分過ぎまで良い感じで競り合う試合。
2部リーグからあがってきたばかりの割には互角じゃない?と聞くと、
彼女はそうねと言うけれど、どうも肯定したくはない様子。
「この前まで2部だったくせに!」って、爆笑。そんな。

周りのファンたちもそろそろ苛立って来た頃。
壁際にいる数人が壁をガンガンたたく。彼らは口を開けばスラングばかりだけれど、まあ愛嬌はある。

向こう側のゴール前でごっちゃになった瞬間、ボールがすっと抜けて待望の1点。
瞬間、全員が立ち上がって諸手を挙げて大歓声。

ハーフタイムは子供のチームのミニゲーム。
そんなチームにも声援を送る熱心なファンたち。
へぇ~良い所あるなぁと感心したのもつかの間、やはり対戦相手のチームには
子供だろうとブーイングの嵐。同僚と二人で「そんな!!! 子供にまで?」と驚きあう。
「子供のころから洗礼が必要なのよ」ということで納得する。これも練習のうちと。

後半戦も同じくギリギリまで互角の試合。またまたファンが苛立ち始めた。
せっかく私の目の前のゴールだからこっちで1点くらい入れてもらいたい。
煮え切らない合間におやつを食べ始めたけれど、まわりで何か食べてる人は皆無。
一応売店で食べ物は売っていたけれど、実際食べてる人がいない。
ファンも真剣に戦うのがフランスの観戦スタイルなのかどうか。

ちょっと気を抜いた瞬間に、ゴールが決まった。
38分くらい。この時間の2点目で大いに盛り上がり、そして落ち着く。そのまますんなりと試合終了。
おとなしめのディジョンでこの感じなら、宿敵OMとの試合はもっと大変で危険かもね、と真面目に言う。
身の危険を感じる観戦。そんな娯楽がこの世にあったとは。

日曜の夕方の2時間ほど、いつもと全く違う世界を見たと思う。
滅多に近寄らないタイプの人たちの中に自分がいるというのが不思議だった。
試合よりもファンを見るのが面白いよ、と言っていた同僚の言葉は本当にそうだと思う。
まるでそれが仕事かのように、真剣に試合を見る人々。 ファンは大切に。
[PR]
# by ayatata | 2011-10-26 07:13
サッカー観戦 1
生まれて初めてサッカー観戦をした。
PSG対ディジョン。

特にサッカーファンでもPSGファンでもない私に、
同僚が自分が好きだからという情熱だけでクラブ通信メールを転送し続けて約2年。
「ああホントに好きなんだなあ。」とだけで貰う先から一応は拝見して削除していたメール。
ふと「これは観戦のお誘い?」と気づいたこの頃。
安いチケットなら行く。と言ってみたら
「今度の試合は松井のいるディジョンとだけど、どう?」と聞くので行く!と即答。
わざわざスタジアムまで行ってチケットを買って来てくれた。

当日。夕方17時に試合開始。
ここまで、私はサッカー観戦は、日本の野球観戦と似たものと思っていた。
はりきって水筒とかおやつとか用意してみたし。
待ち合わせ場所にすこし早めに到着したのでカフェで休憩、と思って入ったカフェが
すでにPSGファンがぞろぞろ。
気合いが入っているファンばかりなので、一人でいるのはちょっと怖い。
ファンたち無言なんだけど、怖い。同僚によるとこれが普通レベルらしい。
サッカー観戦はレジャーじゃなさそうだ、とちょっと自分の勘違いに気づいた。

周りではすでに警察が道を封鎖している。
スタジアムに近づくにつれ、駅から歩いてきた人の行列に出会う。
この行列が、試合を楽しみにしてる呑気な雰囲気ではまったくないことに笑った。
写真を撮りたかったのだけれど、無理だった。
昔、小学校2年生まで住んでいた地域には、近所に競輪場があって
火曜日は試合があるのでお客さんが駅からわんさか歩いているのを見たことがある。
まさに、その感じがこの行列から漂ってる。
これから喧嘩でもしに行くかのような。

スタジアムの中は、古い。こういう感じは昨今見ないので結構嬉しい。
きっとフランスじゃこのくらいは当たり前なんだろうけど、サッカーを見ない私には新鮮。
女子ファンを増やそうとかそういう意図が感じられないのが良い。
好きなら来るでしょってことで片付いている。それくらいの隙があるのが私の好み。
そうそう、観客の女子率は10%に満たないと思った。

いざ、観戦。続きは次回。
a0168181_7293819.jpg

[PR]
# by ayatata | 2011-10-25 07:43
七五三
本当は日本でやりたかった七五三。
そのための帰国は無理なので、フランスでやってしまおうということになり、
10月初めの暖かい日に日本庭園のある公園までちょっと遠出。
a0168181_5132660.jpg


初めての着物に特別感があるのか、いつもよりも機嫌が良い。
10月初めの日曜日だったので、入園料は無料の日。
ラッキーだけど、到着が遅くなると人が多くなるので開園とほぼ同時に入園。
それでも結構な人がすでにいる。
着物はそれなりに珍しいので何人かに写真を撮らせてほしいと言われたけれど、
本人が恥ずかしがって撮らせない。人見知りはいつもの通り。

お姉ちゃんはといえば、今日は主役が妹だとよくわかっているのでとても控え目にいる。
やきもちを焼いてる様子もなし。
いつもそうなのだけれど、そういう妹をもっていることが嬉しいらしい。
その点については随分と楽をさせてくれていると思う。

a0168181_510276.jpg
a0168181_5102433.jpg

[PR]
# by ayatata | 2011-10-24 05:16 | 子供
バーベキュー
 7月最初の土曜日は、近所の日仏カップル4家族でバーベキューの会。
 いつ来ても「やっぱり庭はいいなあ」と実感するお宅にて開催。
 これだけ広い庭があったら、ふたりとも好きに騒げて私の疲れも
 少しは軽くなりそうなもの。

 さっそく庭のプールに引き寄せられる子供たち。
a0168181_757874.jpg


 雨の降らなかった4,5月に比べて、一旦降り始めるとしばらく雨続きの日が多かった6月後半。
 微妙な天気かなと思いきや、その週の月曜日は突如として37-38度を記録。
 そこから週末にむけて徐々に気温は下降し、当日は見事に晴天・適温に到達。

 イル・ド・レで収拾されたという松ぼっくりを薪にくべて焼かれたお肉は、
 とても香ばしい焼きあがり。
 もちろんお肉が上質だからだけど、この香りで「夏休みだ~」と一人悦に入っていた私。
 バーベキューにかかせないサラダもしっかり味がついていて美味しい。
 昼間にも関わらずビールもロゼもシードルも全部流し込む。
 不思議とちっとも酔わなかったのは暑さのせいかしら。

 子供たちはほとんど食べるのもそっちのけでひたすら遊び続けて
 キャーキャー騒いでも屋内とは大違い。こちらの受けるストレスが違うのをしみじみと感じる。
a0168181_7493197.jpg

a0168181_7531316.jpg

a0168181_757591.jpg

 そしていよいよ良い頃合いで、プール遊び開始。
a0168181_7584271.jpg


 言うまでもなく、その夜の寝つきはすこぶる良かったです。
[PR]
# by ayatata | 2011-07-10 08:21