Dear Tamalin
linenaid.exblog.jp
ブログトップ LogOut
カテゴリ:子供( 4 )
七五三
本当は日本でやりたかった七五三。
そのための帰国は無理なので、フランスでやってしまおうということになり、
10月初めの暖かい日に日本庭園のある公園までちょっと遠出。
a0168181_5132660.jpg


初めての着物に特別感があるのか、いつもよりも機嫌が良い。
10月初めの日曜日だったので、入園料は無料の日。
ラッキーだけど、到着が遅くなると人が多くなるので開園とほぼ同時に入園。
それでも結構な人がすでにいる。
着物はそれなりに珍しいので何人かに写真を撮らせてほしいと言われたけれど、
本人が恥ずかしがって撮らせない。人見知りはいつもの通り。

お姉ちゃんはといえば、今日は主役が妹だとよくわかっているのでとても控え目にいる。
やきもちを焼いてる様子もなし。
いつもそうなのだけれど、そういう妹をもっていることが嬉しいらしい。
その点については随分と楽をさせてくれていると思う。

a0168181_510276.jpg
a0168181_5102433.jpg

[PR]
by ayatata | 2011-10-24 05:16 | 子供
発表会
今年もそろそろ一学年の終わりが近づいています。
長女の幼稚園一年目も終了間近。
そして6月1日は、去年の9月から始めたダンス教室の締めくくりとして発表会がありました。

市の劇場を借り切って、観に行く人は親でもチケットを購入して観劇。
当日は21時からの出演ということで「3-4歳児にこの時間の出演?」と驚き、
5月に入ってからは、毎週水曜日の教室の他に日曜日や平日の5時から
リハーサルが計3回も重ねられ、水曜日以外は働いている私としては
「そんなに気合いを入れるものなの?」とまたまたショック。
こんな夜の時間帯に次女はもたないと判断し、お父さんと二人でお留守番。

一旦このダンス教室の説明をしないと。
組織としてはとても大きく、3-4歳児のクラスから大人までの年齢層で総勢100人くらいはいる様子。
ヒップホップ、ジャズやクラシックとジャンルも豊富なダンス・アソシエーション。
その全員が参加をする発表会、もとい「スペクタクル」の日は彼らにとって
とても大切な目標だということがわかったのは、そのダンスを見た当日。

私の「そんなに気合いを入れるものなのか?」という疑問は、単なる侮りでした。
ごめんなさいです。
スペクタクルには最初から最後までシナリオがあり、それにそってそれぞれのクラスがちゃんと踊り、
台本の通りに話を体で表現していくという構成になっていて、今年のシナリオは「星の王子様」。
毎週、クラスで踊っていたなんだかよくわからないダンスは、
他のクラスのダンスと合わせてみると話の流れがよくわかるようになっている。
照明や舞台装置も劇場付きのプロが参加。
長女と同じクラスの女の子のお姉ちゃんとお母さんもそれぞれダンスを習っていて、
3人で同じ舞台に立っているのを見るとそういうのも親子の共通の話題で面白いかも、と思う。

舞台に立つとわりときちんと踊りきる。
a0168181_526171.jpg

とはいえかなり周りとずれているのがなんとも。
a0168181_5365168.jpg

さすがに第1部が終わると子供は帰ってもいいのだけれど、
どの子もわりと最後まで席に座って見られるものです。
第2部は公園でよく会うお姉ちゃんに誘われ、
大きい子たちに囲まれながら最後まで拍手を送っていました。
観客側も10代の女の子のパワーは劇場全体を華やかにする力を持ってます。
高校生の頃には「うるさいなあ」と思っていたタイプの子たちをこういう風に見れるようになるとは
自分でも驚いてしまった。

プロとは程遠いけれど、結構良質なスペクタクルで家族4人で来ても良かったかもなあとちょっと後悔。
特にお父さんには見てもらいたかったです。
[PR]
by ayatata | 2011-06-07 05:47 | 子供
遊び方の違い
震災でどうも落ち着かない気分の日々が続いていますが、
子供にも影響が出てきたのでこの頃はニュースをシャットアウト。
ブログも普通にいつものことを書こうと思います。

毎年思うのだけれど、本当に気持ちの良い天気の日というのは
4月に1日2日あるくらいじゃないかと?
長い冬を越えて久しぶりに明るい太陽がやって来るから
感動が格別に違うのかもしれないけれど、
どうもそんな気がするここ3年。

今日はそんな気分の良い天気の日だったので
保育園のお迎えのあとは公園に繰り出した。
人が少ないだろうと思った公園を選んだのにすでに大勢の人。
それもそのはず、今日は水曜日。子供の幼稚園や学校がお休みの日。
先客の中には同じ幼稚園の子がいたりする。
知り合いがいると嬉しくって私なんてそっちのけでガンガン遊びに行く長女。
a0168181_7195375.jpg


その一方で、なかなか馴染まず私の横に座って
一人遊びから始める次女。保育園では皆と遊ぶのに、なぜ?
a0168181_7212030.jpg

この間約10分、
持参したお菓子のグミ4つ(日本サイズで数えるなら8つ分くらい)を平らげる。

公園横の林では松ぼっくりがたくさんついているのを発見。
実が赤いなんて初めて知った。
a0168181_7272441.jpg


そろそろ衣替えの季節かな。いやまだ微妙。
[PR]
by ayatata | 2011-04-07 07:36 | 子供
説教部屋
金曜日、久しぶりにオットが保育園にお迎えに行った。

帰宅後、今日の様子はどうだった?の質問に即答。
「ジジョ、園長先生の所でお仕置きだったって」 

なんですと?

驚いてジジョの顔を見つめると、ちょっと恥ずかしそうに、
話題を変えようと私の気をそらす努力をし始める。
にこ~。両手ふらふら~。袖引っ張る。

元々よく叱られて前にも書いたように部屋の隅で反省会をさせられるのだけれど、本人はへっちゃら。
一通りの儀式が済むとすぐにクラスの子にちょっかいを出すらしい。

今日はそれがあまりにもひどいので、ついに園長先生の部屋で立たされたということらしい。
多分クラスの子をたたいたり、わがまま言ったりしたんだろうなぁと想像はたやすいけれど、
園長先生の部屋での行動がまったく想像がつかない。オットも聞かなかったらしい。
なんで大事なところを聞いておかないのよぅ、そこが一番面白いじゃないの(そういう問題か?)、
といっても始まらない。
神妙に形だけでも反省していたのかしら。
どうやって独り反省会を切りぬけたのか、是非にとも詳細報告を聞きたいところ。
いっそビデオに撮っておいてくれてないかしら。
園長先生と話すのちょっと苦手だけどね、月曜日いろいろ探らないとね。
ついでにこの気性の荒さを手懐けるアドバイスも頂かないとね。

そういえば、長女も担当の先生を泣かせたことがあったし、
ジジョにも何かあるだろうと思っていたけれど、こう来るとは思わなかった。
親として真剣に対応しなければならないところはもちろんあるけれど、思わずニヤっとしてしまう。
[PR]
by ayatata | 2010-05-09 07:28 | 子供