Dear Tamalin
linenaid.exblog.jp
ブログトップ LogOut
<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
その昔
その昔、フランスにきて間もないころ、通勤は電車だった。
シャンゼリゼエトワールで乗り換え、RER A線でパリから北西へ3方面へ別れるうちの一番北へ。
終点から2つほど手前の駅で降りてバス。
文章にすると単純なこの道程に何度も何度も間違えた。
あまりにも頻繁に迷うので、こんな簡単なことさえできない自分に自信喪失しそうだったときもある。

なにしろ、電車には行き先が書いてない。
書いてあるのはAHKTなどの意味不明のアルファベットの羅列。
きちんとした行き先を確認するにはどうするのかといえば、駅のホームに出ている
全駅名掲示板を見る。
この駅名の左のランプが点灯していればその駅には止まりますの意味。
その意味を理解したのがたしか通勤2日目。
パリのメトロじゃ必要ないから掲示板の存在すら知らない。

目指す駅に着いてからも一苦労。
聞いていたバスの番号と同じ番号のバス停は3つある。
バス停表を見ればすぐじゃない、と思ってもそのバス停表の見方を理解する前に
肝心のバスが来てしまうのだ。
これを逃しては次いつ来るかわからないから乗ってしまう。
すると、大抵間違えている。
一度なんて、別の遠い駅の終点に連れていかれて
運転手さんにここからどうやって目的地に行けるのかを尋ねてたどり着いたこともある。
あの町はかわいい町だったなーと妙な記憶があるけども、まだ再訪してない。Pontoiseかな。
最初にバス停で周りの人に聞けばよかったのよ、と今は簡単に思う。
当時は日本での習慣しか知らない状態だったので、たどり着かないとか同じ番号が3つあるとか、
そんなことは想像さえしていない。
だから事前に誰かに聞くという発想もないし、質問事項も頭に浮かばない。

思えば私のここでの生活は全部「質問さえ浮かばない」ということの繰り返し。
それでもなんとか生きていけるものです。

なかでも一番困ったのは、突然はじまるストや乗車中の故障。
事前に予告のあるストはまだしも、乗務員が乗客に殴られたことに抗議して「連帯」を示し
翌日から突然始まるストなどもよくある。
今なら朝のニュースで事前の心構えができているけど、
当時はニュースなんて音を聞いてるだけ。単語じゃない。
わからないまま外に出ると電車はない、という状況で指示される別の駅へ移動して
そこから出発する可能性のある電車を探す。
それでも直前までどのホームから出るのかがわからないので、
大勢の人ががカタカタカタと回るあのとても味のある電車運行表の前で待つ。
こういうやつ↓
a0168181_911891.jpg

ここに情報が載ると大抵数分後には出発だから、ダッシュで電車に乗り込む、というのが通例。
たどり着くまでに疲れ果ててしまって、会社のある駅に着いてからバスもない、
タクシーもないという状況に嫌気が差して「今日は帰る~」とふてくされて帰ったことも2度3度。

なんでこんなことを書いたかと言えば、今朝も突然ストが始まったから思い出したのです。
23日にストが予定されているけど、今日のは、予行練習? まさか。
10年経ってもあまり変わらないパリの通勤事情。
[PR]
by ayatata | 2010-03-13 09:20
壁に向かって
保育園に行くとよく見かける光景。
悪戯をしたり、危ないことを繰り返して叱られる子供。
集団の輪から離され、一人壁に向かって立たされる。
大抵は部屋の隅に皆に背を向けて立たされ、しばらく一人にされる。
ほとんどの場合子供は泣きわめくこともなく、もくもくと壁に向かって頭を垂れて反省するのです。
時に頭を壁に押し付けて静かに涙を流しながら時をやりすごしている姿は嘆きの壁のよう。
他の子たちも決して茶々を入れたりはせず、「大丈夫?」という顔で見守る。
これ、精神的ダメージは結構なものらしく、大抵は良い子になって戻ってくる。

うちの子供が行っている保育園の先生たちがプロだなあと思うのは、まさに叱るとき。
なぜにあんなに言うことを聞かせられるのだろう。
他人と実の親という違いはあるけども、私はあきらかに見くびられている気がする。。
実家に行けば「どこも母親に対してはそういうものよ」と言われたり、
友達には「家で良い子で外で言うこと聞かない子よりはいいじゃない」と慰められる。
だからってこれでいいとも思えないのだけれど。。

うちでお仕置きで立たせるのも、立っているならまだましで、大抵はわめいて床に転がる。
次女に至っては、にっこにこしながら駆け足で戻ってくる。
これで私を試してるのは見え見え。
私が本気で怒っているのだということがわかると、すごすごと戻って
隅で後ろ向きに立ち尽くすのだけれど、
この後ろ姿には毎回吹き出しそうになってしまう。

叱られて、少し気を取り直し始めた頃。
a0168181_7231533.jpg

[PR]
by ayatata | 2010-03-10 07:23
Xynthiaでドゥニ両親の家は?
先日の土曜日の夜から日曜日にかけて、フランスでは暴風雨Xynthiaがスペインの方から北上して
大きな被害が出ました。
今日現在で死者52名、行方不明3名。

パリ周辺は土曜日はほぼ一日中快晴。
オットは恒例の自分主催のお泊り野外活動(ぷぷぷ)へ出かけていました。
私は朝から二人をつれて図書館へ行き3週間遅れの本を返し、
そのまま公園で近所の友達と一緒に遊び
午後は薬局へ行った帰りに別の公園で遊ばせていると、雨が降り始めた。
雨はそのまま降り続けたけれど、私はニュースも見ずに日曜日を迎えてました。

風が強いのでさすがに予定をキャンセルしてお昼には戻ってきたオットも一緒に
お昼を食べながらニュースを見ていると、
Xynthiaの影響でVendee(ヴァンデー)県に大きな被害が発生という情報が流れたと思ったら
レギュイヨン・スール・メールL'Aiguillon sur mer の町が半分水没状態の映像が流れた。
その隣町の ラ・フォット・スール・メールLa Faute sur merの名前もあがる。
これはラ・フォット・スール・メールの写真。
a0168181_6344978.jpg


この一地方の町の名前になぜ私たちがはっとしたかというと、そのまた隣の町
ラ・トロンシュ・スール・メールLa Tranche sur merという町には
両親のもう1つの家があるから。
私たちも夏にはほぼ毎年行ってるし、そこを拠点に被害のあった二つの町にも
遊びに行ったからどの辺りが被害にあっているかが実感としてすぐにわかった。

ちょうど満潮の時間と暴風が重なり、潮がいつも以上に遠くまで達した結果、堤防が決壊して大被害。
午前2時頃警報が流れ、地域の人たちに直接連絡が来たのは3時過ぎ。
そのころにはすでに電気の供給も遮断されていた。
インタビューに答えている人たちは30分ほどで階下が水浸しになったと言っていたし、
政府発表では高さ1.5mまで浸水したと言っている。
パジャマ姿で屋根に上がって寒さと暗闇の中で救助を待っているなんて辛すぎる。
私の印象では退職をした人たちの割合も多い地域なので逃げ遅れた人もいただろうと思う。
一つの町だけで26人がなくなるなんて、町の大きさから考えても被害は甚大。

両親の家は海から歩いて7分ほどの場所なので「もしかして」という不安が募ったのでした。
地理的に北から順番に言うと、ラ・トロンシュ→ラ・フォット→レギュイヨンの順で
車で10キロ前後の地域なので被害にあっている可能性は十分考えられた。
地図はこちら。
http://fr.mappy.com/#d=La+Tranche-sur-Mer%2C+France&d=L'Aiguillon-sur-Mer%2C+France&p=itinerary
新聞サイトにはこの3町が今回大打撃を被った地域として挙げられている。

お義母さんが現地の友人に電話をしたようだけれど、繋がらない。
おそらく停電の影響だろうから翌日の午後にお世話になってる不動産屋さんに電話をすると言って
その日の情報収集はおしまい。
こういうときに私だったら必死にサイトで情報を探すけど、そのあたりの諦め加減があっさりしている。

月曜日の午後にようやく現状がわかったけれど、家のある地域は砂丘が高かったので
海からごく至近距離の家々に被害が少し出た以外は大きな被害はなし。
彼らの家は瓦も飛ばず浸水被害もなかったということでとりあえず一安心。
いざとなったら、片付けに助っ人にいかなければと思っていたけれど、その必要も今のところなし。

地域の家には被害があまりないようだけれど、駐車場や海水浴場の設備などは
結構な被害が出ている様子。
こちらが家のある地域の被害が最も具体的にわかるサイト。
http://www.apgclem.com/LaTranche.htm
[PR]
by ayatata | 2010-03-03 06:49