Dear Tamalin
linenaid.exblog.jp
ブログトップ LogOut
<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
ルーブルで講座
 6月最終週末、久しぶりに子供を預けて初めてルーブルの写真講座に出席してみた。

 ルーブルと言うのはやっぱり面白いところで、
 美術館としての役割だけでなく美術的・芸術的教育機関でもあり、
 しかもカルーゼルの中にはショッピングセンターもあるのだから、
 暇とお金がふんだんにあればここにずっといたいよなあと思わせるところです。

 で、私たちが初めて参加したのは、大人向けアトリエと言われるいわゆる教養講座。
 ルーブルが所有しているカメラと三脚を使って、絵画・彫刻・装飾品を写真におさめ、
 カメラを通して美術品を見ることを楽しむのが目的。
 一番乗りで教室で待つドゥニ。
a0168181_2342265.jpg

 通常、三脚の使用は禁じられているらしいので、この講座ならではのチャンス。
 ひとつのものを色んな角度から撮り、光の当たり具合や建物とのバランスも考慮しつつ
 とにかく自分で撮る。
 細かい解説は一切なし。
 私たちはその辺がもう少し知りたかった部分でもあるけど、初めての講座なので贅沢は言わない。
 これだけ集中して展示品を見たことがなかった私には面白い体験でもあった。
a0168181_2352548.jpg


 指導してくれる先生は、本当に細い私と同じくらいの背丈の女性。
 ものすごく細いのに、とにかく力持ち。全機材を一人で背負って歩いてきた。
 参加者は10人。
 まったくの初心者から結構写真をやっている人まで様々。
 そんな自己紹介は一切ないけれど、撮った写真や説明で大体わかるというのも面白い。
 講座は1日だけ2時間コースだけれど、あっというまで終了したのは開始から3時間ほど過ぎていた。
 途中でも時間きっかりに終わらせるようなこともなく、最後までやっておしまいというのも気に入った。
 終わったのは18時ごろだったけれど、外はまだまだ陽も高く暑い夕方。
a0168181_237285.jpg

[PR]
by ayatata | 2010-06-26 14:15 | フランス 生活
青 緑
フランスの青信号は緑です。
私は未だに慣れず、ついつい青と言ってしまい、毎回オットにからかわれるのだけれど
どっちでもいいや通じるしと考えて過ごしてきた。

今日は次女がどうしてもなかなか治らないものがあって、ついに皮膚科に行く予定だった。
会社を早退までしたのに時間ギリギリで、道も渋滞。
ああこりゃ遅刻だ、遅刻の電話をお医者さんにしなければ、と思ったら手持ちの携帯にその番号は残ってない。
オットに連絡してもらおうと携帯で話す。話しながら信号が青に変わったのでゆっくりと右折開始。
曲がりきったところでパトカーが横付けしてきた。
運転中の携帯がまずかったか!とあわてて電話をひっこめつつ窓を下ろす。

パトカーにはごついスミス(マトリックス)が4人ほど乗り込んでいる。
この風景、面白いなあと余計なことが頭をよぎる。
「赤信号完全に無視しましたよ。」
「は?(携帯じゃないのか?) 緑でしたよ」
スミス4人そろって首を振り「Ah Si, si, si, c'etait ROUGE(いーやいや、赤でした)。4人で見てましたよ」
とりあえず渋滞を避ける場所で止まり、尋問を受けた。
頭は完全に医者に行くことに集中してたらしく従順に警官とお話。

当たり前だけど、こんなときでも最初はボンジュール。
「免許証と車検証、拝見します。」
「子供の医者の予約に遅れてるので速めにお願いできますか?」 上の空で図々しさも通り越し。
ナンバープレートの照合、保険の有効期限の確認。
こんなときに限って保険証の古いものが一番上に貼られてて大慌て。注意のみ。

「信号無視ですよ。私たちすぐ後ろにいたけどしっかり赤で発進したのを4人で見ましたからね。」
(すぐ後ろにいたことさえ気づかなかったなんて…間抜けだ)
「本当に?そうでした?おかしいなあ。。私は確かに青を見たと思うんですけど。。」 

そこでスミス2人が口をそろえて
「Ce n'est meme pas BLEU mais VERT! Madame(青でもなくって緑です、マダーーム)」
ここでそこを突っ込まれるとは!

素行の悪さが全部出た出来事だったと思う。反省。

それでも「急いでいても気をつけるように。本来なら罰金109ユーロと減点4点のところですからね。」
結局、見逃してくれた。
あぁ、神様ありがとう!
気をつけます。信号は「緑」!
[PR]
by ayatata | 2010-06-03 08:16